コーティング施工後の保証とメンテナンス

 after3

コーティングを施工させて頂いた場合、施工保証書は発行せず、代わりに施工証明書を発行しています。
理由は使用状況、環境がすべて違うオーナー様とお車に対して同じ保証をすることができるはずがないからです。
保証とは本来ならば被膜の剥離に対してするもので、機能層に対してするものではありません。

お客様よりご相談を受ける際、
「ガラスコーティングの被膜は"硬度9h"、コーティングの保証は5年間。」という施工店もあるけど...
と比較される場面が度々あります。

とても魅力的ですが、実際は施工店側の顧客獲得の為のキャッチコピーにすぎません。
あくまでメーカーがテストしたガラス板上やサンシャインウェザーでのデーターが示す値です。
柔らかな塗装面に1μにも満たない膜厚のコーティングを塗布して5年も維持できるとは考えられません。
現実問題として実走行され、過酷な環境化での5年間の保証は不可能です。
本当に5年間も維持する事が可能ならば自動車メーカーが取り入れない訳がありませんし、
いずれ街中を見渡す限り輝いている車で溢れかえっているに違いないと思いませんか?
洗車方法や使用環境によって異なるでしょうが、実際は1年程度で傷が目立ってきた...というのが現実でしょう。
専門的な表現になってしまいますが、被膜がきちんと製膜し塗装と密着することができて1年間残存していれば、
「下地である塗装が劣化して剥離を起こさない限りは被膜が磨り減ってなくなるまで剥離はしないもの」
なので1年間以上の保証は無意味と考えます。

ですからJMS AUTOMOTIVEでのコーティング施工における保証は偽りのない施工後1年間としております。

 

after2

コーティング施工後の定期的なメンテナンスの義務化を設けていません。
JMS AUTOMOTIVEではコーティングに対して定期的なメンテナンスはまったく必要ないと考えるからです。

なぜなら施工したコーティング被膜を確認して施工の必要がない状態であればメンテナンスはする必要がなく、
必要になった時にメンテナンスをすればいいと考えるからです。
確かにコーティング剤の種類や使用状況などコーティング膜の状態によってメンテナンスが必要な場合もあります。

これに対し、お客様は無責任のように取れるかもしれませんが決してそうではありません。

コーティングの保証期間が5年間というのは言葉のトリックにすぎません。

コーティング施工して1年後にメンテナンスを受け、その後の1年を保証するメンテナンスを5年間継続して
5年保証が成立するという事は現実的に最初に行ったコーティングの保証期間は1年です。

定期的に有料メンテナンスを受けている事が保証の継承条件という施工店も存在しますが、車によりその状態は
まちまちですので定期的にメンテナンスを受けなければ保証が継承されないというのはおかしな条件です。

それは保証の継承とメンテナンスを絡めて金儲けの手段としていることが多いように感じます。
我々も商売ですから利益を生む定期的な有料メンテナンスは確かに魅力的な手段です。
しかし弊社はお客様との信用関係を大切にしておりますので無意味な定期的なメンテナンスはお勧めしておりません。

コーティング剤の性能や使用環境によって時間差はありますが、いずれ機能層は剥離してなくなります。
シャンプー洗車をして汚れをきちんと落としても、親水も撥水もせずに流した水がベタッとボデイに残るようなら
コーティングの機能は残っていないの状態ですのでメンテナンスが必要となります。

このような状態になった時点でコーティングを点検させていただいて、必要であればメンテナンス
 もしくは残った古い被膜を剥離しての再コーティングをするかをご提案させていただきます。

 

最後に...
JMS AUTOMOTIVEをはじめ、真剣に"磨き"という技術と向き合っている施工店はほぼ保証期間は1年とし、
保証における定期的なメンテナンスの義務化を条件を提示する施工店はほぼない思いますので
お客様がコーティングをお考えになった際の施工店選びの目安のひとつとされてはいかがでしょうか?